ドーナツの穴

ドーナツはドーナツの穴に先立つが、ドーナツの穴なくしてドーナツはドーナツとは判別できない。つまりこの世は等しくまやかしであると言うことだ。

都市伝説

今年もノーベル文学賞の受賞者が発表された。

受賞したのはカズオ・イシグロ

Yahoo!ニュース

 

それはともかく、この話になると必ず話題になる人物がいる。

そう、村上春樹である。

 

村上春樹といえば必ずと言っていいほど並列して語られるものがある。

彼の熱狂的なファン、ハルキニストである。

 

と、ここで疑問に思うことがある。

そもそもハルキニストなんて存在するのか?

ハルキニストの生態としてNHKを始めとして取り上げられる有名なものは「発売日の0時を過ぎた途端、特別に営業している本屋でズラッと並んで村上春樹の新作を買う」というものだ。

その時に画面に映るのは30人ほどである。

まさか、「ノーベル文学賞が取れる」かもしれない人のファンが合計で30人ほどということなんて無いだろう。

もちろん、用事があって買えない人もいるだろう。となると彼らは、翌日の昼間以降に書店に行って新作を買うのだろう。

 

ニュースにもなる村上春樹の新作なのだから、本屋は趣向を凝らして陳列をする。

それはさながら芸術である。

そんな芸術だって、芸術として存在しているのでは無い。本として買ってもらうために陳列されているのだ。

 

しかし、だ。僕は、いまだにその芸術が欠けているのをみたことがない。

考えられる理由は2つ。書店員がこまめに補完しているか、売れていないかである。

前者は簡単に否定できる。店内に村上春樹の新刊を手に持っている人物がいないのである。いつだってそうだ。

後者は書店員ならざる僕には窺い知れないことである。

 

だから僕はハルキニストなんてカンブリア紀の海くらいにしかいないのではないかと思う。

それが現代まで残っているなんて、くだらない、メディアによって創造された都市伝説である。